So-net無料ブログ作成
「HERO」 ブログトップ

「HERO」8年ぶり映画化あらすじわ? 木村拓哉は久利生公平検事  [「HERO」]

「スポンサーリンク」




「HERO」8年ぶり映画化の内容はどんなストーリーなのでしょうか

ヒーロー.png


HEROあらすじ:女性が車に跳ねられるところから始まります

ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、
突然道に飛び出してきたパーティコンパニオンの女性が

車に跳ねられるという事故が起こりました。、
車に跳ねられた女性は残念ながら亡くなってしまいます。

HEROのあらすじでは検事の役には(木村拓哉)が
担当しています。そしてその事故の捜査を担当です。
そして解決に向かっていきます。

事故の解決もハラハラドキドキになるのではないでしょうか。
あらすじの中には、スリルも必要でしょうから。
そこで、刺激や感動を覚えますね。

みなさんも経験はあるでしょう。

東京地検城西支部(堅苦しい言葉ですね)の
久利生公平検事(木村拓哉)が
その事故の捜査を担当することになります。

事故現場を調べる人には
人麻木千佳(北川景子)さんが担当しています。

現場主義の久利生さんは事務官の
麻木千佳(北川景子)さんと共に

事故現場を調べると、ネウストリア公国の
大使館に行き当てしまいます。

捜査はスムーズにいかないという
あらすじ、どんな事件でもそうです。

事故当時の状況を知りたいから
大使館員に話を聞かせてほしいと頼みます。
「スポンサーリンク」




ですが、あっさりと大使館側に断られてしまいます。
映画ですから物事がすべて順調だと感動はないですね。

必ずハラハラどきどきはつきものですものね。
上手にあらすじが組まれていますね。

大使館の中には日本の司法が全く及ばない所らです、
治外法権(難しい言葉ですね)という権利が存在しています。

治外法権の意味を調べますと:外国に存在する人や物が,
その国の外にあるかのように扱われるとのこと

当該外国の管轄権,とりわけ裁判権に
服しない権利というそうです。
私には難しい言葉は向いていません。

分を書いていても?の気持ちです。

HEROのあらすじのわりには話が固くなりますね。
映画には木村拓哉さんが出演されますが、
活躍が楽しみですね。

HIROでは久利生さんの粘り強さが、
事件の解決へとつながります。

捜査の過程でネウストリア公国大使館が
事件に間接的な関係があるのではと思った久利生さんは、

あきらめずに大使館にアプローチしますが、
当然のことながら、大使館は全く応じないという内容です。

木村拓哉さんふんする久利生公平検事が
活躍するわけですから事態は変化します。

映画ですから面白おかしくストーリーが
進まなければなりません。

ストーリーでは久利生も頭を抱え込む状況になります。
さらには日本とネウストリア公国の外交問題にも
影響を及ぼし始めます。

外務省からは強い圧力も受けてしまい・・・。
「スポンサーリンク」




さすがの久利生さんも、立ちはだかる“治外法権の
大きな壁”の前になす術なく、捜査が進展せず
暗礁に乗り上げてしまう内容のあらすじです…。

果たして、久利生さんはその強大な壁の向こうにある
真実にたどり着けることが出来るのでしょうか?

「HERO」8年ぶり映画化ということで楽しむことができるでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
「HERO」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。