So-net無料ブログ作成
検索選択
吉永小百合 ブログトップ

吉永小百合、コーヒーに魔法の言葉 [吉永小百合]

「スポンサーリンク」




吉永小百合、コーヒーに魔法の言葉

yosi.png


Lmaga.jp 9月30日(火)20時42分配信

写真を拡大 写真を拡大
吉永小百合、コーヒーに魔法の言葉

エプロン姿でイベントに登場した吉永小百合

『第38回モントリオール世界映画祭』で
審査員特別グランプリ&エキュメニカル審査員賞の
W受賞を果たした、

吉永小百合主演&プロデュースの映画
『ふしぎな岬の物語』。その公開を記念したイベント
『吉永小百合と至福のひととき』が30日、

抽選で選ばれたファン100人を招いて、
大阪市内のホテルで開催された。

成島監督、不動産屋を演じた笑福亭鶴瓶も登場

吉永小百合演じる、のどかな岬で小さなカフェを営む
女主人・悦子の悲喜こもごもを描いた映画にちなみ、
この日のイベントでは、劇中と同じように
見事なお手前を披露。

実際、作品でも指導した岡田さんと共に、
映画の重要な場面を担ったコーヒーを舞台上で再現させた。
「スポンサーリンク」




また、劇中で毎日のようにカフェに通う
不動産屋を演じた笑福亭鶴瓶も登場。
吉永が淹れたコーヒーを

「本当においしい! 苦みがあるところがいい」と
絶賛する一方、「(サユリストの)タモリさんに
怒られるんですよ。

あの人、ホンマにヤキモチ焼いてはるから。
モントリオールで賞を獲ったときに電話くれはって、
俺、電話に出て"はい、もしもし"って言うてるのに

留守電みたいに"おめでとうございまーす、
ブチッ"って切って。それ以来、しゃべってへん。
よっぽど腹立ってるんやと思う」とも。

メガホンをとった成島出監督も「完璧です」と終始、
顔をほころばせた。

会見で吉永は、「私の日活映画でのデビュー作
(1960年『拳銃無頼帖 電光石火の男』)が、
喫茶店のウェイトレスの役でした。

赤木圭一郎さんにコーヒーを出すんですけど、
手が震えちゃって大変な思いをしたんですね。
今日もリハーサルのときにそのことを思い出しちゃって、

手が震えそうだったんですけど、本番は落ち着いてできました。
ただ、蒸らしている間に"おいしくなあれ"と言うのを
忘れてしまいました(苦笑)」とコメント。イベントの最後、

ファン全員にコーヒーがふるまわれる際には、
しっかりと魔法の言葉をカップに注いでいた。
映画の公開は[梅田ブルク7]ほかで10月11日(土)から上映です。
「スポンサーリンク」




映画『ふしぎな岬の物語』
企画:吉永小百合、成島出
原作:森沢明夫「虹の岬の喫茶店」(幻冬舎文庫)
監督:成島出
出演:吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、ほか
配給:東映
1時間57分
梅田ブルク7ほかで上映

タグ:吉永小百合
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
吉永小百合 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。